飽きっぽい私。 アフィリエイト用ブログのはずが・・・日記帳へ・・(>_<) 日々の出来事綴っています。ご覧あれ! アフィリエイトのブログはこちら http://haveadream01.blog35.fc2.com/

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

* フリースペース *
■新着エントリー
 ・06-30  ※信じていいのですか?
 ・06-29  ※喪失感・・
 ・06-26  ※はじまり・・
 ・06-26  ※Cross-Aさんより錬金術的プログラム
 ・06-26  ※みんなごめん_(._.)_

Google

はじめました^^パパスの稚拙な物語 【ほんのちいさな恋のウタ】 カテゴリにまとめてあります。 宜しければごらんくださいませ_(._.)_

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不倫…これは、恋において禁忌なのでしょうか?

私は、過去に友人に恋人を取られました。これは禁忌では無いのでしょうか?
△▼▲▽▼△▽▲▽

友人に言わせると、私は、山田さんに騙されているそうです。

世間知らずの小娘をだましているそうです。
たまたま、自分の近くにいる若い娘を好きにしたいだけ…
そこには、愛など存在しない。
きっと彼は、奥さんと別れず、私を捨てるそうです。

私だってバカじゃありません。
多くはないけれど…精一杯の恋を経験してきました。
騙されている可能性だって考えています。好きになるだけ、好きになって捨てられるかもしれない…わかってるつもりです。
けれど

『好きになってしまったの…彼を…この想いを止められる方法…知っているなら教えてよぅ…』
心配をしてくれる、彼女に言いたかった…
けど、そんな事は、言えません。
私の問題だから。

どうして、あなたはそこにいたの?
どうして、私に優しくしてくれたの?
ホントに私をあいしてくれるの?
あなたの言葉を信じていいの?

あなたといるのが、楽しいの…
一緒にいられるのが嬉しいの…

あなたが好き…
力強く私を抱きしめてくれる…
あなたがいないとダメなの。

彼と付き合って怖くないか?
と、良く聞かれます。きっと、職場では乱暴な言葉を使い、直ぐ人を殴るからでしょう…

ホントの彼は、繊細でいつも傷ついています。その日起きたことを日記に書き…反省して…毎日のように私の胸の中で、謝っています。

そうです…彼にも私が必要なのだと思っています。

私の恋に…愛に
禁忌などありません。

今は、彼の言うことを信じます。
『近いうちに、離婚する。待ってて。』
使い古されたチープな言葉
私には、どんな素敵な愛の囁きより…
甘く響く
そして、どんな言葉より、私を…
苦しませる…

帰るお家はどこなの?
私の家にずっといていいんだよ…

着替えはどこでしてくるの?
私が、用意するよ。

私といないとき、誰といるの?

私と奥さん…
どっちが好き?
どの位愛してる?
私、あなたの赤ちゃんが欲しい!
私に赤ちゃんが、出来たら喜んでくれる?

聞きたい事は、数え切れない位あるけれど、
私は、あなたを信じると、決めました。
だから…
あなたの全てを信じます。

聞いてもあなたが、困るだけだから…

あなたを信じて待ってていいんですよね?

[信じていいのですか?]の続きを読む
スポンサーサイト
次の日私は…軽い喪失感を感じていました。
そう…今日は彼が休みなのです。私の会社はサービス業の為、平日に交代で休むのです。
いつも賑やか…ウルサいくらい騒いでる彼がいないと、お店の中は電気が消えたみたいです。

いつも、嫌みを言われながらも、私の仕事をサポートしてくれている山田さんがいないと…不安です。

まだまだ…入社したばかりの私には、
1人分の仕事をこなすのは、なかなか難しく、いつも「遅い」!と怒られていました。

やはり…今日も間に合いそうもありません…
心がいつもの様に、くじけそうになります…

怒られてもいいから…彼に…山田さんに逢いたい…

『あいたいよぅ』


『…!』

もう…仕事がイヤになって…立ち止まり・うつむいてこみ上げる涙を、こらえていると…

声が聞こえます…
『何!サボってんだよ!』

ふと…顔をあげると山田さんがいます。

『ごめんなさい』
私は無意識に彼に、抱きついていました。

逢いたかったよぅ
逢いたかったよぅ

『逢いたかったよぅ』

山田さんは、いつもと違う優しい微笑みで…
『俺も。だから、会いに来た。』

私は声を上げてなきました。
『ごめんなさい』
って
でも…心の中では…
大好き
大好き
本当に大好き!

あなたがいてくれれば、頑張れる!

彼が優しく囁きました…
『今日がんばれたら二人で遊びに行くぞ!行きたいとこ決めておけよ!』

『はい!』

全身で
私は山田さんが好きです。
本当に好きです。

あなたに、家族があっても…

好き
*********************************************
ちょっとあとがき
[喪失感・・]の続きを読む
彼に初めて出会った頃は既に…家庭内別居をしていました。
私は…上京してきたばかりの何もわからない世間知らずでした。

上司である山田さんは、スゴく仕事に厳しい人でした。
私はいつも怒られて、会社で一番彼が、苦手でした。
その時期は、いつも凹んでいて…
H先輩に良く励まされていました。
H先輩は彼ととても仲が良くて…
事あるごとに、山田さん(彼の事です)は、スゴい人だよ。と言っていました。

その時の私には、山田さんが、
人間的にスゴいとは…ぜんぜん思えなく…
逆に、あんなヒドい人は世の中にいない!
と、思っていたほどです。

毎日怒られて…夜遅くまで働いて…

精神的にも、体力的にも、限界に近くなってきたある
あまりに凹んでる私に見かねて
H先輩が、カラオケに連れて行ってくれました。

久しぶりのお出かけで…
スッゴくウキウキしながらカラオケ屋に行ってみると…

!!!!!!何故か?山田さんがいました(>_<)
私は、どうしてこの人が居るんだろう?…やだなぁ…と、思いながら、
態度に出すのは、悪いと思い…いつも以上にはしゃぎました。

閉店の時間になり私達は、H先輩の家に移動しまして、飲むことにしました。
まだ山田さんはついてくるのです(>_<)

H先輩は先に飲みつぶれてしまい。
山田さんと、二人きりになってしまいました。
何を話して良いか、悩んでいるときに…
山田さんは、突然しゃべり始めました。

いつも、仕事で辛く接していることを詫び。
私が、その日に終わらなかった仕事を残って1人でしていることに感謝して・・
朝いつも、私の顔に泣いた跡がある事を心配していること…
(この頃私は、本当にさみかったのです)
人前で弱いところを見せない努力をしている事…

山田さんは驚くほど、私を見ていました。
話を聞きながら私は泣いていました。
訳も分からず…
いえ…
意外な人が私を理解してくれていた事に感激していたのかもしれません…

そして今…寂しくてどうしょうも無いことも、気がついてくれていた…

山田さんは、私を抱き寄せて
『俺が守ってあげる』
『俺が支えてあげる』
そう、私に囁いてくれました。

私の
ちいさな恋のウタが…私の中で流れ始めました…

私は…今日の朝まで、苦手で嫌いな山田さんに、恋をしてしまいました…

あっという間に…




まずは・・復活第一弾!
昨年12月に堂々1位の報酬を誇ったCross-Aさんからの
プログラム

その名も・・
錬金術・・プログラム!!

こちらのプログラム・・
報酬3300円と高額です
サンプルが・・1980円

なんと!1220円のお得!
当然本人申し込みOK!


即認証されます^^
Cross-Aさんとの提携が取れれば即日からOK!


申し込みは↑こちらからどうぞ^^
お久しぶりです^^
パパスです^^

たくさん心配かけてごめんなさい_(._.)_

かなり深いプライベートな問題が発覚して・・
アクセスできませんでした・・

でも、また復活します^^

更新して、がんばりますよー

姉妹ブログも宜しくおねがいしますね^^

パパス・・

パパスの簡単稚拙小説
【ほんのちいさな恋のウタ】
はじめます。
ちょっと幸せでちょっと切ないこの物語・・
良かったら応援してくださいね^^

パパス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。